社長ブログ

「お仏壇の拝み方」~日々の礼拝の作法~ Part2 / 東京 八王子・世田谷・日野 安心のご葬儀・家族葬をお約束する【都典礼】

2016/03/04

昨日に続き八王子は穏やかな朝を迎えています。
日増しに暖かくなって来ました。もう春の足音がそこまで来ていますね?
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は「お仏壇の拝み方」~日々の礼拝の作法~ Part2 をUP致します。

仏壇は、本尊とご先祖さまを祀る「家の中のお寺」です。
ご先祖さまを供養し、ご先祖さまがいたからこそ、
ここに今の自分がいるということに感謝して日々手を合わせましょう。

~正しい礼拝の作法~
①お仏壇の前に正座し、数珠を手にかけて軽く一礼を。
②ロウソクを灯し、その火で線香に火をつけ香炉へ。
③鈴を2回打ち、合掌します。合掌する際は、肩の力を抜き、胸の前で両手をきちんと合わせ、軽く目を閉じ、祈ります。
④なるべく宗派の経を唱え、終わったら鈴を2回打ちます。経を唱えない場合、鈴は打ちません。
⑤ロウソクの火を手で仰いで消し、軽く一礼します。朝の礼拝後、二重扉のお仏壇の場合、内扉だけを閉めます。夜の礼拝が済んだら、扉を閉めて一日の礼拝は終了します。

《お仏壇の日々のお手入れ》
お仏壇や仏具は、ご本尊やご先祖さまはもちろん、故人を偲び祀るための大切な場所です。常にきれいにしておきましょう。
掃除をする際には、本尊に合掌し、礼拝してからおこないます。
日々のほこりなどは羽ほうきや筆で払い、仏具はやわらかい布でからぶきします。
金箔、金具、漆塗り部分など念入りにおこないたい掃除は、故人の命日やお彼岸、お盆の前、年末など、年に数回日にちを決めておこなうとよいでしょう。

~なるほど仏事の豆知識から~



今回の「お仏壇の拝み方」~日々の礼拝の作法~ Part2 いかがでしたか?
少しでもみなさまのご参考になれば何よりです。 (^-^)


東京 八王子・世田谷・日野 安心のご葬儀・家族葬をお約束する【都典礼】