八王子ブログ

クモ

2016/09/03

「ギャア~ッ!!」

午前中の事務所内に悲鳴が響き渡った。

先程の悲鳴の主に目をやると、なんとタムさんだった。

何事かと思えば、クモが素早く走り回っているではないか。

広げた脚を含めると、直径10㎝位の大物だ。

あの冷静沈着なお方が、クモを目の当たりにして逃げ惑っている。

オモロイ。

「タランチュラの子供だア~」

などと叫びながら、さらに逃げ惑う。

それをどうにかしようと、伝説の男Mさんとマッキーが奮起し、追いかける。

クモも「捕まっちゃ たまらん」てんで、さらに素早く逃げる。

その先が、あのタムさんのところだったので、

「ぎゃあ~~~」

タムさんは失神寸前。

まるでお笑い番組でも観るかのように、一部始終目撃していたIさんは、腹を抱えて爆笑?。

 

さすがに「どうにかしてあげなきゃ」と、3人が相談する。

「いいから早く退治してえ~」

タムさんは必死に懇願する。

「退治するのはかわいそうだよ」

偽善者たちは言ったが・・・。

結末は到底語れない。