世田谷ブログ

久しぶりの映画!!

2016.3.26

久しぶりに映画を渋谷で観ました。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

実際にあったリーマン・ショックを題材にした

映画でどんな映画か、興味津々で行きました。

面白かったのですが・・・経済金融の事や

英語がわかった方が、数倍面白かったのでは??

と思う作品でした。

華麗なる大逆転という題名ですから、毒舌

少なからずオーシャンズシリーズのような

最後にスカッとするのを想像していましたが

それは全くありません!

つい数年前に起こったリーマンショックはなぜ

起こったかはご存知ですか?

毒舌が覚えているのはリーマンショックで世界

大不況が起こったという程度でした。

リーマンショックの元凶は所得の低い人達に対する

高金利の住宅ローン(サブプライムローン)

ほぼ審査なしでローンを組むという恐ろしいローン

です。(高金利ですから低所得者達は払えなくなる)

サブプライムローンが破たんすると予想した数人の

男たちがCDSという保険のような株を買いあさる

MBS(不動産担保証券)の価格が下落した時、巨額

の保険料が手に入る条件で契約を結ぶのですが、こ

の時誰もサブプライムローンが崩壊するなんて思って

いませんからどこの銀行も喜んでCDSを売る。

銀行からしたらリスク無しで毎月保険料が入るので

美味しいですよね。

最終的に破たんしたことによりこの男たちは保険料と

いう莫大なお金を手にするのですが・・・

「この勝利は無数の庶民が失業や破産に追い込まれる

ことを意味する」

と彼らもわかっているからオーシャンズシリーズのような

スカッとした終わり方ではないのです。

観終わってから、毒舌不明な点に頭使ってしまいました笑