世田谷ブログ

先々月予約・・・

2015.9.8

台風がきているせいでしょう。

今日もまた雨です。体調もいまいちになる

はずです

昨日、友達に何カ月も前から誘われていた大船

にある一日2組しかお客様を取らない隠れ家的な

食事処に行って来ました。

とぉ~いですよぉ~

DSC_1095

この写真でお分かりいただいたかと思います

が、大船です。

住宅街の中にあるお店ですのでご主人が駅ま

で迎えに来てくださいます。

外からもお店には見えません

玄関で最初に迎えてくれたのが

DSC_1137

和紙を特殊な染料で染め花にしたちぎり絵

秋子と入っていたので大谷 秋子先生の作品

と思われます。

食事の前にそこここに価値ある絵画etcで圧倒

された毒舌です。

リビングと思われる部屋でお食事ですが

そこにも・・・

DSC_1103

毒舌好きな平山郁夫画伯の作品や

DSC_1127

東山魁夷画伯??と思われる作品も・・

メニューはご主人が全て手書きの他に

一人一人の名前を入れてそれぞれに俳句

をプレゼント

何か月先まで予約がいっぱいなはずです。

DSC_1111

三回もこしただけあってなめらかな

コーンスープで胃袋にパンチいただきました

DSC_1113

梅味の茶碗蒸し蒲鉾は秋のイメージで

緑の濃いぎんなんもこの色にするのに時間

かけたそうです。

DSC_1115

お魚を古代米ともち米を合わせたので包んで

います。

もうこのあたりでお腹一杯です。

男性の量位あるように感じました。

DSC_1117

あっ!!言い忘れましたが、この器もご主人

手作りです。

貴重な葉山牛のビーフシチュー

小さ目の器と言いましても牛肉

しっかり入っています。

DSC_1119

お口直しにと酢の物が出てきましたが

お酢の加減も美味しい

もずくの上に自然薯のように粘り強い

山芋が・・・

量が多い・・・申し訳ないのですが

少々残しました。

持って帰れるものなら持ち帰りたい!

DSC_1121

いよいよ最後です。手打ちうどんをおいなり

さんの中に入れ、食べる時においなりさんを

崩して中から出たおうどんといただくという

このアイデアいただきます。

デザートは日本間のお部屋に移動して・・

DSC_1135

自分の好きなコーヒーカップを選んで席につ

きます。 毒舌が選んだのは上の白っぽいの

DSC_1122

お腹一杯でもデザートは別腹です。

果物も美味しく、本当にごちそう様でした。

ここを紹介して誘ってくれた友人にも感謝

あまりにお腹一杯食べたせいか

本日、お昼食欲がありません