八王子ブログ

冷蔵庫ポリス

2016/08/03 冷蔵庫の中身は、名前が書いてないと誰のものなのか全くわからない。 例えば、飲みかけのペットボトルなどである。 一体どの時代のもので、いつ封を切ったのかも不明で、古代の学者でも容易に判別するのは難しい。 そんな時、職場では頼りになる人物がいる。 SUGAさんは、定期的に巡回しながらチェックし、捨ててくれる。 自称”冷蔵庫ポリス”なのだそうだ。 自宅での取締りが あまりに厳しいため、義母からも恐れられる存在のようだ。