八王子ブログ

金色の皿

2015/04/30

昨日のことでした。

久しぶりに休暇の青年KOUさんは、ご両親と昼食に出掛けることになりました。

某回転すし店に行くことになりました。

なにも最初から計画していたのではなく、たまたま そんな気分だったからです。

妹2人にも声を掛けましたが、用事があるので断られたそうです。

その時は、「どうぞどうぞ、いってらっしゃい」と、心の底から良かったと思ったそうです。

結局3人で目的地に到着し、席に座って早速注文します。

月末で懐がさびしいKOUさんのくせに、

「今日はごちそうするから なんでも食べてね」

と、言ったかどうかはわかりませんが、相当ムリしてます。

 

だいぶ時間も経って、目の前のお皿の山を見てみると、

自分の普段よく目にする光景とは違うモノを見たようです。

なぜか眩しかったそうです。

結果的に想像を超えた額になりました。

帰りの道中で、

「ところで、次の休みはいつなんだい?」

と、言われたのは言うまでもありません。

今、親孝行が出来る喜びで青年KOUさんの目には涙が溢れて止まりませんでした。

ゴールデンウィーク初日から金色に染まるなんて最高ですね。