世田谷ブログ

2016.10.25~2017.2.26続き!!

2017.1.27

マリーアントワネットと言えばベルバラ

ベルバラといえばフェルゼンは外せません

アントワネットとフェルゼンの手紙の暗号表

もありました。

この時代アントワネットだけではなく暗号を

もちいて手紙のやり取りするのは当たり前だ

ったのか?! ただフェルゼンとは恋愛関係

だったと言われるアントワネットどんな思い

でフェルゼンへの暗号手紙を書いたのか・・

ルイ17世はフェルゼンの子では??と言われ

ていたりドラマになります。

フェルゼンは容姿端麗で背が高く雄弁家、

18歳でパリの社交界デビューし、上流階級に

人気を博したなんて聞くと、ベルバラのフェ

ルゼンを想像し妄想も膨らんでフェルゼンを

見たら・・・

ちょっとなー

イメージ狂ってしまいました。

美の基準が昔と今では違うのかも・・・

このフェルゼン最後はスウェーデンで無残な

最期だったようです。

不思議なのが、亡くなった6月20日というの

が国王一家が逃亡がばれたハレンヌ逃亡事件

と同じ勿論年は違いますが・・・

事実かどうかはわかりませんがそう言われて

います。

フランスのヴェルサイユまで観に行く事なく

六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで

これだけのものを観れたのは幸せでした。

出てきた時は入るのに並んでいる方が沢山で

したので行くなら10時にをお勧めします。

ゆっくり鑑賞できますから