お清め(おきよめ)

家の中に不浄をいれないという考え方から塩を体にふり「清める」という行為を行います。これを「お清め」と言います。

通夜や告別式から帰ってきたら、玄関を入る前に行うとよいとされています。 お清めの流れ
手を洗う
火葬場に行かなかった人にひしゃくで水をかけてもらい、手を洗いましょう。(省略する場合も)
塩を用意する
 
多くの場合、葬儀の最後に配られる会葬御礼の挨拶状と一緒に、小さな塩の包みが入っています。
体に塩をかける
自分の胸、背中、足元の順に塩をふります。同居家族がいる場合には、家族の方にお願いします。単身の場合には、自分で行います。
塩を踏む
最後に、足元の塩を踏みます。
仏教では、死は「不浄」ではないため、葬儀後にお清めをする必要はないと考えています。そのため、宗派によっては、塩が入っていない場合もあります。 死を穢(けが)れとは捕らえない考えにより、お清めは不要とする考えも強くありますので、お清めをされるか否かはご喪家の考えに基づいてご選択されることが良いでしょう。  神道では、死を穢れと考える一方で、仏教では死は成仏、つまり「仏に成る」ため、不浄ではないと考えています。そのため、近年では塩による清めは不要だという主張も多くなってきています。  ちなみに、浄土真宗ではお清めは行いませんので、浄土真宗で執り行う葬儀では、お塩が準備されていないことも多く、また受付だけに置いておくなど、希望する方だけ持ち帰るようにしている場合もあります。  その流れから、塩の小袋をつけていないといったことも増えてきています。自分は絶対にお清めをしたいという単身の方は、あらかじめ自分で塩を用意しておくことをおすすめします。  お清めをするかどうかは、自分自身の気持ちや信条によるものですので、近年の主張に関わらず、自分自身で決めてかまいません。清め塩を使うかどうかは考え方次第。 習俗・信仰・地域等、さまざまな事情が絡んできますので、自分自身で判断することになります。