会葬礼状(かいそうれいじょう)

お通夜や、葬儀・告別式の際に、参列された方にお渡しする礼状です。

清め塩などと一緒にお渡しします。(浄土真宗では、死を穢れと見ないため、真宗のご葬儀では、清め塩は使わないのが一般的です)

もともとは、葬式の後に、会葬された方に礼状をお送りしていたのですが、現在では簡略化され、通夜、告別式の当日に、受付でお渡しすることがほとんどです。会葬礼状、清め塩の他、香典返しとして、ハンカチやタオル、石鹸などを一緒にお渡しします。

文面はだいたい定型的なもので、喪主の名義で、故人との関係と、葬儀に来ていただいたお礼の気持ちを書きます。最近は、故人の思い出のエピソードや、故人への思いなどを、ご遺族が自由に書いた会葬礼状も増えています。

会葬礼状は、縦書きの体裁で印刷する例がほとんどです。お葬式を行う宗教や宗派、また家族の葬儀か、社葬かなどによって、文面や体裁が異なりますので、専門の業者に相談するのがよいでしょう。

文面の例

拝啓 亡父 宮古○○儀 葬儀に際しましては ご多忙のところわざわざご会葬をたまわり ご厚情のほど まことに有りがたく あつく御礼申し上げます 本来ならば 早速参上して 御礼を申し上げるべきところですが 略儀ながら書状を持ちまして 御礼申し上げます 敬具   平成○○年○○月○○日 〒○○○-○○○○ 住所 喪主  宮古△△ 親族一同