友引(ともびき)

友引は、六曜の一つで、友引に当たる日は午前中・夕刻・夜は吉ですが、昼は凶とされます。

本来の意味は「勝負がつかない」なのですが、日本では「友を引く」という名称から、文字にのっとって縁起を担ぎ、この日に葬儀を出すと他人の死を誘うといって嫌う傾向があります。
この葬儀を忌む風習は江戸時代末期に六曜の考え方が浸透して以降に生まれたようです。
しかし、近年ではそれは「迷信」ということで、あまり気にしない方も増えているそうです。  
横浜の火葬場では、友引の日は市内の4つの火葬場が持ち回りで休みを決めているので、横浜市内のどこかの火葬場は開いているそうです。
各自治体によって友引に火葬場を休むかどうかは様々のようです。
 「友引に葬儀をしてはいけないのでしょうか?」とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、もし気にされる方が家族や親戚にいる場合には、葬儀の日程をずらすというのも選択肢の一つとして考えておくべきでしょう。
その一方では、迷信の一つに過ぎないと特に気にすることなく葬儀をされる方も増えてきています。  
友引の日に告別式を避けられる方も、お通夜には気にされず行う場合がほとんどのようです。  
ちなみに、仏滅や大安にも特に気にすることなく葬儀を執り行うことは可能です。