告別式(こくべつしき)

告別式は葬儀の後、続けて行われる故人に対する別れを告げる儀式の事をいいます。

現在では告別式は葬儀と似たような意味合いで使われたりする事もありますが、厳密にはこの2つは異なるものです。葬儀とは死者を弔う儀式のことをさし、読経など導師により祈りを捧げたあと土葬・火葬などが行われます。 これに対し、告別式とは、亡くなった人に最後のお別れをする儀式のことを言います。ここでは故人の来歴、喪主による参列者への挨拶、弔辞、弔電の披露などが行われます。

多くの地方は葬儀の後、続けて告別式も行うため、両者は混同されてしまいがちです。しかし、一部の地域では葬儀後、火葬にして荼毘に付した後に告別式を行うという地方もあるので、葬儀と告別式を別物と認識している人もいます。

最近では葬儀を密葬で行い、お別れの会や告別式だけが別の日に行われることもあります。葬儀だけを近親者だけで済ませて、別途告別式を催す際には告別式を「お別れの会」などと呼んだりもします。

男性は黒のスーツに黒のネクタイが基本です。女性も黒のスーツが基本です。学生の場合は、制服を着用しましょう。いずれの場合でも、夏場でもスーツなどを着用した方がよいです。 下は半そでのワイシャツなどでもかまいません。暑い場合は面倒でもジャケットは手に持たれることをお勧めします。 また光るもの、派手なものは小物であっても控えましょう。

故人と同居の親族は喪主と共に通夜、葬儀、告別式全て参列します。また親族.親戚も通夜から葬儀、告別式へとすべてに出席するのが基本です。

付き合いが少ない親戚や、遠戚の場合であればお通夜ではなく告別式だけに出席すれば良いでしょう。あまり親しくない方 の葬儀には、お通夜ではなく告別式に参加するようにしましょう。

香典はお通夜・告別式に参列する場合は、お通夜に出すようにします。個人ではなく会社で連名で出される際も同様です。

また暦が友引の日には葬儀・告別式は行わないというのが一般的です。ただし通夜は友引きでも行われます。ただ火葬場は友引の日が休みである ことが多いので、告別式はこの日を避けられることをおすすめします。