喪中はがき(もちゅうはがき)

喪中はがきは、一年以内に近親者にご不幸があった場合に、故人に対する生前の感謝を示すことと、「喪に服していますので、慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせて頂きます(年賀欠礼)」ということを、前もって年賀状を送っていただけそうな相手にその旨を通知するために出す挨拶状のことです。

自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせるための訃報のはがきではありませんので、気をつけましょう。  喪中はがきは、年賀状の欠礼挨拶となるので、年賀状を投函するまでに出すのが礼儀です。先方が年賀状の用意を始める前に手元に届くように、11月中か、遅くても12月初旬ごろまでには届くように出すのがマナーです。12月中旬になって喪中となった人は、あえて喪中はがきを出さずに年明けから寒中見舞いで12月に急に喪中になったことと、年賀状を頂いたお礼を兼ねて出すほうが良いでしょう。  喪中でも年賀状を受け取るのは、実はマナー違反ではありません。ですので、年賀状を受け取りたい場合は、例えば、喪中はがきの文面に「年賀状をお待ちしています」や、「例年通り、近況をお知らせください」などと書き添えてみてはいかがでしょうか。また、最近では喪中はがきの印刷サービスの文例にも使用されていますので、そちらの方を選んでみるのも良いと思います。