喪主(もしゅ)

喪主とは、遺族の代表者であり、葬儀・葬式の主催者となります。

葬儀を行うにあたり、残された遺族の中から喪主を決めることになります。 喪主とは、遺族の代表者であり、葬儀・葬式の主催者となります。 弔問客を受けるのが主な務めとなります。 喪主の選び方は、故人ともっとも縁の深い人を選ぶのが通例です。 配偶者がいる場合は配偶者、配偶者が亡くなっている場合は、長男、または同居していた子供が喪主となります。 優先順位は、配偶者、長男・長女、故人と同居していた子供、故人の親戚といった感じになります。 喪主が葬儀・葬式を通じて行う主な仕事は、僧侶や弔問客への対応です。 葬儀の実務的な仕事は、葬儀社や世話役が行います。 喪主の仕事を具体的に挙げると、日時の決定、親族・知人・僧侶への連絡、備品・返礼品・料理の手配、僧侶・弔問客の接待、お通夜・告別式での挨拶、金銭の管理、葬儀修了後の後片付け・御礼などです。