喪服(もふく)

喪服とは、葬儀や四十九日、法事の時に着る黒い衣装のことです。

喪服と言っても色々な種類があるのですが、男性だとスーツタイプ、女性だとスカートタイプが一般的です。喪服を着る女性は真珠などのアクセサリーを一連のみ着ける事が出来ます。二連以上の物は「悲しみが繰り返す」と言われ、着けてはいけないものとなっています。ちなみに、江戸時代までは白の衣装が一般的だったようですが、時代の流れと共に黒い衣装に変化していったそうです。 ちなみにキリスト教の宗派では、ベールで女性の顔を覆うのが喪服の正装とされています。縁取りの幅は、近親者は太く、縁が遠いほど細くなります。 江戸時代までは、喪服は喪主に限らず白が一般的でした。月日が経つにつれ、上流階級において黒が喪の色として認識され、次第に明治期を通じて黒に変わっていきました。和服では、男性は紋付地黒の羽織袴、女性は黒の紋付が着用されるようになりました。  履物なのですが、草履や雪駄、革靴やパンプスの代わりになる履物は提示されていませんが、エラスティックシューズのように靴紐がなく、靴紐があるように見える革靴やパンプスを選ぶ方法は存在しますがまだ難しいです。