宇宙葬(うちゅうそう)

宇宙葬とは、故人の遺骨などを収めたカプセルをロケットに載せ、宇宙空間に打ち上げる散骨の一つです。

宇宙葬とは、故人の遺骨などを収めたカプセルをロケットに載せ、宇宙空間に打ち上げる散骨の一つです。宇宙葬とはいうものの、実際には地球の重力圏を離脱できず、打ち上げられたロケットのほとんどは地球を周回する軌道上に載ります。ロケットはそのまま地球の周りを浮遊したあと、地球の重力に引かれて落下し、最終的には燃え尽きます。

宇宙葬で打ち上げるロケットには、容積・質量の制約があります。そのため、多くの場合はシリンダー状の容器に一人の遺骨を数g入れ、数十から数百人分の遺骨を同時に打ち上げます。ちなみに、宇宙葬に使用されるロケットは、既存の商業ロケットを転用する場合が多いです。

宇宙葬に対する批判として、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の増加につながるという声があります。ただし、打ち上げられたロケットや遺骨などは重力によって大気圏に接近する時大気との摩擦によって最終的には「火葬」されます。宇宙葬の代表的な例としては、2004年に行われた150人分の宇宙葬などが挙げられます。宇宙葬の発展形として、人工衛星に遺骨を搭載したり、月面や外宇宙に遺骨を打ち上げるプランも検討されています。

この発展形としては、人工衛星に遺骨を搭載するもの、月面や外宇宙に対して遺骨を打ち上げる例もあります。シューメーカー・レヴィ第9彗星の共同発見者であるユージン・シューメーカーは1997年に交通事故で急逝したのち、2005年に遺骨が探査機ルナ・プロスペクターにより月に送られました。これは月面に対して遺骨が送られた初の例です。

また、冥王星の発見者クライド・トンボーは1997年の死後、遺骨の一部が2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載されました。これは外宇宙に向けて遺骨が打ち上げられた初の例です。外宇宙や他の惑星へ向かう衛星は重量制限が厳しいため、現在は何らかの功績を残した著名人に限られているそうです。