帰家祭(きかさい)

帰家祭とは、火葬場から帰ったあと、遺骨と霊璽を仮霊舎に安置し、葬儀が終わったことを示す儀式 のことです。

火葬場から一同が戻るとお祓いを受け、手水で身を清め塩をかけてもらいます。家の中に入ったら仮祭壇に遺骨と霊璽を安置し、遺影や神饌、灯明などを飾りつけます。その後、帰家祭を行います。

一同着席してから斎主が葬儀終了を守護神に奉告する祭詞を奏上します。続いて斎主、喪主、遺族の順に玉串奉奠を行い、一同が拝礼して祭式を終えます。これは仏式で言う還骨勤行に相当するものです 。

帰家祭とは、神式の葬儀において、火葬、骨上げを行った後、遺骨をいったん自宅に持ち帰る祭に行う儀式のことで、仏式葬儀の還骨回向(かんこつえこう)にあたります。

火葬場から戻ったら、家に入る前に、火葬に行かなかった神官に清祓い(きよばらい)をしてもらい、その後、手水を取ってから家に帰りますが、お清めには、仏式と同様、塩を使う場合もあります。家に入ったら、遺骨を後飾りの祭壇に安置し、神官による祭詞奏上や礼拝、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などを行います。

なお、近年では、清祓と帰家祭は、省略することも多くなってきています。