帰幽(きゆう)

帰幽とは、暗い所に帰るということになり、神道では亡くなることを意味するものとなります。

神棚や祖霊舎に「○○○が帰幽いたしました」と帰幽報告をし、神棚や祖霊舎の扉を閉め、白い半紙を貼ります。人が死ぬとその御霊が幽世へ帰っていって、そのあとで、先祖の神々の仲間に入るという意味です。

仏式で言うところの葬儀は、神式では神葬祭と呼ばれています。 ただし、死を穢れとする神道では、神聖な場所である神社で、その神葬祭が行われることはありません。 主に自宅や斎場で行われることが一般的です。

神道では、亡くなった人のことを帰幽(きゆう)と言います。亡くなった人が生まれ育った故郷の氏神となる神社に帰幽奉告をするということになります。出身地が遠い場合には、住居の近くの神社に報告をします。

遺族は故人の死の穢れによって、気が衰えている状態にあるとされます。従って、親族の年長者が親しい代理人を立てる必要があります。無事に代理人が立ったら、神社の祭主に報告を入れます。こうして紳葬祭に関しての斎主の都合を確認します。

故人の遺体を安置する殯室(ひんしつ)と言う場所へと移動します 。故人を北枕になるように寝かせ、顔には白い布を掛け、足には白い足袋をはかせます。枕元の屏風を逆さまにして立て、守り刀を刃が故人に向かないように置きます。灯明と生前に故人が好きだったもの常饌(じょうせん)お神酒、水、塩、榊をお供えします。

枕飾りを整えた後は、遺族、親族、近親者が二礼二拍一礼をして、枕飾りの儀を執り行います。こうして納棺の儀になり敷き布団ごと故人を納棺することになります。