廻し焼香(まわししょうこう)

参列者がその場で行う焼香の仕方を廻し焼香と言います。

お盆などに乗せられた香炉が回ってきたら、その場で一礼して焼香、合掌して隣の人に廻します。 流れとしては、香炉が自分の所へ回ってきたら、先ず軽く会釈をして受け取ります。

そして、香炉を自分の前に置き祭壇に向かって一礼し、焼香を行います。 香炉を行う場合、右手に持った数珠を左手に持ち替え、親指と人差し指、中指の三本で抹香を つまみ、頭を少し下げて額の高さまで抹香をおしいただきます。 その後、擦るような感覚で静か に香炉に抹香を落とし入れます。 その後、数珠を両手に掛け再び合掌礼拝を行います。

そして、隣の方へ両手で香炉を渡します。

(数珠の持ち方に関しても宗派によって違いはありますが、一般の弔問の方は、さほど神経質 になる必要はありません。 自分の宗派の形、もしくはそれらしい形であれば問題ありません)