引導(いんどう)

仏教における葬送儀礼の1つで、葬儀において僧侶が死者に対して読経を行った後に読誦される法語

仏教における葬送儀礼の1つで、葬儀において僧侶が死者に対して読経を行った後に読誦される法語仏教における葬送儀礼の1つで、葬儀において僧侶が死者に対して読経を行った後に読誦される法語。また、法語などを授ける行為・作法をいいます。本来は、人々を、仏道の正しい教えに引き入れ、導く事であり、迷える人々や、死者、霊を経文や法語を唱え、仏道に導くことをいいます。

転じて、お葬式の際に僧侶が棺の前に立ち、死者が悟りを得て成仏できるように経文や法語を読み上げる作法を行います。死者が現世への未練や迷いを断ち切って来世へと旅立てるように導く行為が「引導を渡す」という事であり、また、その読み上げる法語の事を「引導」と呼びます。

葬式の際に、親族や近親者によって故人の旅立ちを見届ける中、僧侶がお経を読み終わった後、引導が読み上げられます。葬儀の中で、僧侶による読経のあとに“引導渡し”が行なわれますが、これは故人に対して「あなたは既にこの世の者ではないので、俗世間への思いを断ち切り、迷わず浄土へ向かい、仏に帰依しなさい」といった意味あいを含めた言葉をおくるものです。

死者が成仏できるよう法語を読み上げる引導渡しは、「喝!」(かつ)という言葉を発し「この世への未練を断ち切りなさいと」喝を入れます。この時に死者が仏門に導かれた証といて法名(戒名)が授けられます。もともとは僧侶が亡くなったときに引導が与えられていたが、仏教が鎌倉時代あたりから普及するのに伴い一般家庭でも引導がおこなわれるようになりました。

しかし、引導自体が宗派によって行わない場合や宗派によっては引導の作法の違いがありますのでご自身の宗派で一度お調べになられるとよろしいでしょう。引導の種類や方法は、宗教の宗派によってさまざま形式があり、画一化されていません。また、原則として浄土真宗では葬儀において引導はおこなわれないようです。

引導渡しの作法は宗派によって違いがありますが、死者を弔う葬儀の中では重要な過程となります。現在では、フリガナをつけて、分かりやすい説明をつけたお経の小冊子を配布する所も多くなりましたので、一度じっくりと読んでみるのも良いかもしれません。

現在では(よく時代劇などでも聞かれる口語)、「引導を渡す」のように、最後の別れの意味として相手にネガティブな最終宣告や縁を切ることを告げる際に使われるようになっていますが、この語源は上記の仏語的な意味から来ているとされています。