後祓いの儀(あとばらいのぎ)

後祓いの儀(あとばらいのぎ)とは、神式の葬儀で行われる「出棺際」の後に、神職の方が関係者の方々や家の内外をはらい清めるための行う儀式のことです。「祓除の儀(ふつじょのぎ)」などとも呼ばれています。

神道では、「神が死を嫌う」という理由で、このような儀式が行われるようになったようです。死は不浄なもの、けがれとみなされるので、神社で葬儀を行うこともありません。そのような理由からか、故人は肉体を離れて祖先の霊とともに留まって、一家の氏神(守護神)となるとされています。このため、神式葬儀では「葬場祭」と呼ばれて「死のけがれ」を清め、霊の祖先の霊として祭る必要があります。

神道の葬儀は、「通夜祭」、「遷零祭」、「神葬祭」、「出棺祭」、「後祓いの儀」、「火葬祭」、「帰家祭」という順序で行われます。神式における出棺の時に行うのが出棺祭ですが、近代ではわりと省略されることが多くなっていて、その際は葬場祭の祭詞の中で出棺の祭詞も奏上されるようになっています。

出棺が終わると残った人は祭壇を片付けたり、手水の儀を行ったりして、神職にお祓いをしてもらいます。これが後祓いの儀ということになります。祭壇を片付け、家の内外を清掃してお清めします。これが後祓いの儀となります。

現在の後祓いの儀の実際は次のようになります。関係者はまず手水の儀を行い、小案の前に座ります。神職の祓詞でお祓いが始まります。仮霊舎から部屋、家の内外へと後祓いの儀を行います。

仮霊舎のない場合は、遺骨が戻ってくるまでに祭壇を準備しておきます。同時に火葬場から戻る親族や関係者のために、手水の儀の準備を玄関口などに準備しておきます。火葬場から戻ってきた人たちは、建物に入る前に手水の儀を行います。入り口で柄杓から水を手にかけてお清めをします。両手を清めたら塩を用いて身体を清めます。

他の葬儀とは違い、死者の不浄を祓い清めて浄化することが基本となっているので、細かい手順や取り決めがありますので、神式葬儀に親しみがない場合に葬列するときは、一度、どのようなものなのかを確認しておきましょう。