後飾り(あとかざり)

葬儀が滞りなく終了し、ご遺族が火葬場からご自宅に戻り故人を供養する 四十九日法要が行われる忌明けまでの間、ご遺骨を安置する祭壇のことを、 「後飾祭壇(あとかざりさいだん)」といいます。

この祭壇は四十九日の満中陰(まんちゅういん)まで飾る祭壇ということで「中陰壇(ちゅういんだん)」ともいわれています。後飾りをする場所はご自宅に仏壇がある場合は、仏壇の前に仏壇が無い場合には、部屋の北、もしくは西に置くのがしきたりです。

祭壇は二段か三段の小さな机などに白い布をかけて祭壇を作り、この出来上がった祭壇の上の段にご遺骨を安置し、遺影や位牌、香炉、燭台(しょくだい)、線香、お供え物やお供えの花、おりんなどは下の段に置くようにします。

四十九日の忌明けまでの間、毎日ろうそくを灯し、線香を絶やすことなくたき、故人を供養します

葬儀に出席することができなかった弔問客なども、この後飾りの祭壇にお参りすることになります。四十九日の法要が終わるとこの後飾りの祭壇は必要なくなりますので、不要になった祭壇はご遺族の手で処分していただいても問題ありません。

地域指定の分別ゴミとして処分されても問題はありませんが、ゴミとして処分することにどうしても抵抗がある場合は、仏壇専門店に依頼すれば適切に処理をしてくださいますが有料になるということを覚えておきましょう。また、四十九日まで供養してた白位牌は、菩提寺に返し新たに漆塗りの位牌を準備し、ご住職に「魂入れ」をしていただき、その後は仏壇に入れ、供養します。

葬儀をキリスト教式で行った場合も後飾りを用意して、ご遺骨を安置して、十字架などを飾ります。
葬儀を神式で行った場合は、白い布はかけずに、白木の八足の壇を利用することもあります。 その場合、火葬場から家に帰り、「帰家(きか)祭」 を営むので、そのための祭壇である「仮霊舎(かりれいしゃ)」を設けます。白木の案(あん)で祭壇をつくり、中央に遺影、遺骨、霊璽(れいじ)(位牌と同じ)を飾り、お供え(洗米・塩・水)、榊、灯明などを飾ります。本来、火葬後、すぐに埋葬するのですが、最近は仏教の忌明けと同様に、五十日祭のころに埋葬することが多くなりました。

お仏壇の中にはご遺骨は安置しない考え方から一時的に、ご遺骨を安置する棚として広く用いられています。葬儀社が用意してくれる場合が多く、葬儀プランの中に含まれている場合や、オプションとして選択する場合があります。