忌払い(いみばらい)

忌払いとは、もともとの意味は、仏教において四十九日の法要が過ぎて忌明けとなり、普段の食生活に戻ることを指していました。

忌払いとは、もともとの意味は、仏教において四十九日の法要が過ぎて忌明けとなり、普段の食生活に戻ることを指していました。現在では特に都市部ではあまり守られていませんが、仏教では四十九日の忌明けまでは殺生を避けるために、肉・魚を使った料理を口にしないしきたりになっています。

なのでその忌が明けるという忌みで「忌払い」と呼ばれていました。地方によっては忌払いの儀式があるところもあります。 いずれにせよ、食生活のみならず日常生活も普段どおりに戻しつつあるようにする一つの目安といえるでしょう。

しかし、現在「忌払い」という単語はかなり違う意味で使われています。それは、告別式の後あるいは火葬をしている最中に、親族など葬儀でお世話になった方達への御礼として設ける席ないしはそこで振舞われる料理のことを「忌払い」と言うようになりました。

これは忌払いという表現よりも「精進落とし」という言い方の方がよく聞くことが多いかもしれません。現在ではこの精進落としと忌払いがほぼ同義として取り扱われるようになりました。

しかし呼び方は異なっていても、亡くなった方の安らかな成仏のために開くイベントであることには、変わりません。忌払いに参加する人は故人を偲び、料理を口にします。

「忌払い」なので出された料理は口にするのがしきたりです。こうする事で通常の食生活に戻れるという意味合いがある行事だからです。 告別式の後なので、気分的にもなかなか箸が進まないという人もいるかもしれません。それでもなるべく少しでもいいから箸はつけるようにします。

また忌払いで出される料理は本来の意味からいえば肉や魚を断った精進料理が振舞われるべきなのですが、時代の流れや考え方の多様性から、料理の内容についても、肉や魚を使った料理も出されるようになり、あまりこだわらないようになってきました。

参列者に対するお礼のという意味で用意される料理なので、できれば肉や魚を使ったおいしい料理でもてなしたいと考える人も多くなってきたようです。これらの料理は告別式が行われた斎場や寺院で行われることもあれば、どこかの料理屋に移動して行われる事もあるようです。

またこの時に酒を振舞われる事もあります。これは、故人に対する献杯の意味合いもあるので、車で来た人以外はこれも口にすべきでしょう。いずれにせよ、故人を偲び親族の意向も汲みながらいただきたいものです。