戒名(かいみょう)

戒名とは仏名のことで、本来は生前に信仰の厚い人、お寺や社会に貢献した人に与えられるものです。

今日では、故人も俗界を離れて仏の弟子になった印として、仏式による葬儀の場合につけてもらいます。

ほとんどの宗派では「戒名」ですが、日蓮宗では「法号」、真言宗系では「法名」といいます。  最高の戒名は11字の「院殿号」です。古くは2文字が通例でした。  それに尊称や宗派特有のものがプラスされるようになり、現在では「9字戒名」が一番多くなっています。

戒名の形は宗派によって差異がありますが、一般に「院号」+「道号」+「法号」+「位号」から成ります。  このうち院号とは、退位して出家した天皇の御所の呼び名が始まりです。鳥羽院や後白河院などがそれです。  後に一院を建てた人にも用いられるようになりました。

戒名とは本来、仏弟子になるとき戒を授かり、戒を守る誓いをして、俗世を離れて出家するため、俗名を捨てて新たに授かる称号のことです。  したがって戒名は生存中に与えられるのが本義です。信仰の厚い人は生前に仏弟子となって、宗派の本山から与えられます。

戒名のない死者は葬儀の祭に、葬儀の祭に僧侶から受戒を施され、そこで初めて仏弟子となり名前をもらいます。なお、日蓮宗では『法華経(ほけきょう)』の信者は当然、日蓮のいう霊山浄土に救われるとされ、ここで改めて受戒作法は行わないので、戒名ではなく「法号」となります。 また、浄土真宗では、阿弥陀仏への帰依を前提とし、無戒の戒をモットーとするために受戒作法はなく、戒名ではなく「法名」と呼んでいます。

■院殿号   □□院殿○○○○大居士(清大姉) 天皇、皇后、或いは昔の大名や国の宰相クラスの人につけられたもので、現在でも極めて少ないです。 ■道号  本来は僧侶の尊称、一般には、雅号や職業、住んでいる所の名を用います。 宗派を表する事もあります。 ■院号 □□院○○○○居士(大姉) 院のかわりに「庵」、「斎」、「軒」なども用いられます。その人全体のイメージをしのばせるものが多くなっています ■法号  本来の戒名です。多くは本名から一字をとって用いるます。宗派を表す文字を入れる例もあります。 ■位号

本来は、仏教徒としての階級を表し、次のものがある 「信士(信女)」、「居士(大姉)」 前者は、仏教の正しい信者である事を示し、後者は、社会的地位や人格者を示します。