打敷(うちしき)

打敷(うちしき)とは、仏教寺院や仏壇に置かれる卓の天板の下にはさむ敷物です。

打敷(うちしき)とは、仏教寺院や仏壇に置かれる卓の天板の下にはさむ敷物です。荘厳具(仏像、仏堂を装飾するために用いる道具)の一種です。

元々は釈迦の座る高座の上に敷かれていたもので、後に仏像の前の卓の上に敷かれるようになったのが起源とされます。打敷の「打」には「張る」という意味があり、卓上に張り敷くことを意味します。内敷とも書きます。安価なものは人絹製・機械刺繍のものまであり、高価なものは正絹製・手刺繍のものがあります。西陣織など伝統工芸品になると非常に高価になります。

平時は打敷をかけることはしません。法要は彼岸、お盆、正月、祥月命日などの仏事の際に、卓に掛け荘厳します。49日の間は白無地の打敷を用います。あらかじめ、このような打敷を用意しておくことが望ましいです。用意できなかった場合は、通常の打敷を裏返して白い面を表にして代用することも多いです。

また、季節によって夏用と冬用に使い分けるのが望ましいです。基本的に夏用のものは涼しく薄手のもので、冬用のものは厚手で美しい刺繍されているものが多くなっています。9月中旬(彼岸入り)から5月ごろまでは冬用を用います。6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは夏用の打敷を用いるのが望ましいです。

宗派によっても違いあります。浄土真宗本願寺派は逆三角形の打敷で、その形状から「三角打敷」とも呼ばれます。宗紋が入ったものや織物の打敷を主に使用します。浄土真宗本願寺派では前卓の大きさよりもやや大きいサイズが最適とされています。

真宗大谷派は逆三角形の打敷で、その形状から「三角打敷」とも呼ばれます。宗紋が入ったものや刺繍が施された打敷を主に使用します。真宗大谷派では前卓の大きさよりもやや大きいサイズが最適とされています。

その他の宗派は四角形の打敷を使用します。宗紋が入ったものや織物タイプなどさまざまな打敷が仏壇店で販売されています。特注で家紋入りの打敷を作るサービスを行う店舗もあります。