斎場(さいじょう)

斎場とは、葬儀を行う場所であり、その施設のことをいいます。  現在では、自宅で葬儀を行うよりも、斎場で葬儀を行うことが増えているようです。

斎場と定義される場所は様々あります。  一般的には、公営の斎場、寺院、教会、葬儀施設など、幅広い場所を斎場と呼んでいます。  ほとんどの場合、公営の斎場か、民間の斎場を借りて葬儀を行うことになります。

公営の斎場は、地方自治体が運営している公的な斎場です。  ご自分の住まわれている地域の公営斎場を利用した場合、民間の斎場に比べ、比較的安価な料金で葬儀を執り行うことが可能です。  特に地方では、地方自治体が運営している公的斎場の割合が高く、多くの方が利用します。

これに対し、民間斎場は葬儀社が所有していることが多く、交通の便がよく、日程の融通も利きます。  また、葬儀社が使い慣れているということもあり、対応がスムーズです。  特に、東京都では民間の斎場が多く、火葬場も併設している場合があります。

菩提寺で行うという選択もあります。  僧侶に相談しやすく、遺族も慣れしたんだ菩提寺であれば、安心して故人を送り出すことが可能です。  いずれにしても、故人を送り出す最後の場所になるので、よく吟味して決めると良いでしょう。