日蓮宗(にちれんしゅう)

日蓮宗とは、鎌倉時代の僧侶、日蓮の教義を宗とする仏教の一派です。

妙法蓮華経を経典とするため、日蓮法華宗とも称される。
概要として、鎌倉時代、世の中は末法の時代を迎えていて、その理由として鎌倉時代に端を発する武家社会の萌芽と台頭、北条市と天皇・上皇による権力闘争などで社会は混乱し、荒れに荒れていました。

日蓮宗は、そんな鎌倉時代に法華経二十八品と特にその訳書である妙法蓮華経こそ釈迦が衆生救済の為に説いた真実の教えであり、末法の世を正すものであると日蓮が説いた宗派で、教義に当時の世相が見られる。
成立後、日蓮宗内では勝劣派・一致派などの無数の諸宗派が分脈していたが、それら諸宗派を包含し統一することで成立したのが近世における日蓮宗です。
そのため、総本山身延山久遠時の下に五つの大本山と四十以上の本山が含まれていて、日蓮宗は妙法蓮華経を経典とする宗教法人の中では最大宗派となっています。