曹洞宗(そうとうしゅう)

曹洞宗は日本や中国における禅宗の一派で、今から1200年ほど前の中国・唐の時代に洞山良价らによって開かれました。

曹洞宗は「曹渓慧能」と「洞山良价」とい二人の僧の名前からきていると言われています。 日本には道元によって今から800年前に中国からもたらされました。やはり同じ頃栄西によって日本に移入された「臨済宗」と共に日本の禅宗の一大源流になりました。臨済宗は時の政権に支持され、中央都市の武家などにもてはやされたのに対して、曹洞宗は地方の武士や農民などに広まっていったと言われています。大本山は 福井県にある永平寺と神奈川県にある総持寺です。 同じ禅宗である臨済宗は「公案」と呼ばれる命題を座禅をする時に与えられ、それの答えを求めるために座禅をするというのに対して曹洞宗ではただひたすら悟りの境地を得るために座禅をするという違いがあります。 また開祖・道元の書いた「正法眼蔵」は日本思想を代表する書として知られ、海外にも良く知られています。 曹洞宗のお寺の本尊は釈迦如来とされています。自宅の仏壇にも本尊に釈迦如来を祀ることがほとんどです。 日々のお勤めでは「南無釈迦牟尼仏」と唱えます。お寺でよく唱えられるお経は」「般若心経」、「観音経」、「寿量品」などです。