永代供養 (えいたいくよう)

永代供養 (えいたいくよう)とは、数世代にわたる比較的長期の年月をかけて、亡くなられた方を供養する行為のことです。

永代供養 (えいたいくよう)とは、数世代にわたる比較的長期の年月をかけて、亡くなられた方を供養する行為のことです。もともとは、永代供養は子々孫々の代まで先祖を祀り供養する宗教行事を意味していたものの、現在では墓園業者や寺院の営業用語として使用されることが多くなっています。

そして「永代」という言葉を使っていることに基づく誤解から、トラブルが発生するおそれも高いのです。つまり、10回忌、30回忌や50回忌までという内規が定められている場合や、お墓を継承すべき子孫が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合に永代供養の契約が破棄される場合も多いので、文字通りの「永代」ではないのです。また霊園が倒産したり寺院が廃寺したためお墓が消滅に追い込まれることもありますので、「永代供養」だから安心とは限らないのです。

永代供養がいつ頃始まったかは不明ですが、江戸時代に書かれた永代台帳が多くの寺院で見受けられますので、古くから行われていたことは確かです。檀家制度も、同じく江戸時代に設けられた上、檀那寺の維持にその都度つとめることと引き換えに檀家の供養を寺院が行うという点で永代供養を保証しています。しかし、檀家制度は寺院を保持するために近隣を対象としたのに対し、永代供養では地域に関係なしに信仰により供養する点が違います。

したがって、永代供養を古くから行っている寺院の多くは、檀家を持ちません。もっとも、近年は核家族化などのため、檀家寺でも永代供養を行う所が増えてきていまして、このことは檀家制度と永代供養の違いをあいまいにして、ひいては葬式仏教と揶揄される原因の一つともなっています。

最近では、少子高齢化が進行しているため、生前から永代供養する中高年が増加しています。また、お墓や信仰を継承する子孫がいないため死後の供養が期待できない人たちのために、その遺骨や位牌を境内の共同墓地に合祀して、寺院が存続する限り僧侶が定期的に共同墓地を保守管理することを永代供養と定義する寺院もあります。しかも、無縁社会という言葉が流行語となり、2010には年間32000人が無縁死したとすら言われていますので、永代供養ビジネスは活況を帯びつつあると言えるかもしれません。