浄土宗(じょうどしゅう)

承安5年(1175年)、法然上人によって開かれた浄土宗は、阿弥陀如来が作った極楽浄土に往生することを説いた教えです。

阿弥陀如来の救いを信じ、「南無阿弥陀仏」と唱えることで心身ともに清らかになり、人生を豊かに生きることができる。そして死後は仏となって浄土に生まれることができる、というのが教えの骨子です。 総本山は京都府東山区の華頂山知恩教院大谷寺で、東京都港区の増上寺をはじめとする七大本山が存在します。 主な経典は『浄土三部経』と呼ばれる『阿弥陀経』『無量寿経』『観無量寿経』の3つ。 浄土宗の葬儀の主な特徴は僧侶が行う『あこの儀式(火葬での点火の意)』です。 僧侶が棺の前に進み焼香し、松明を意味する法具を2本取り、その1本を捨てる『おんりえど(煩悩にまみれた現世から離れる意)』を行い、もう1本の松明で円を描いて『あこの文』を読み上げ、同時に松明を捨てます。これを『ごんぐ浄土(極楽浄土に往生したいと心から願う意)』と言います。 浄土宗の葬儀の真髄は阿弥陀仏と参列者の縁を結ぼうとする『念仏一会』にあります。 阿弥陀仏の救いを信じ、念仏を唱える者は必ず極楽浄土に往生できるという法然上人の教えが拠りどころなのです。