真言宗(しんごんしゅう)

真言宗とは、弘法大使(空海)が中国(唐)に渡って「密教」を学び、それを日本に伝えたことが始まりで、平安時代初期に大成した真言密教の教えを教義としています。

その思想の中心は「曼荼羅(まんだら)思想」です。  真言密教の「真言」というのは、仏の真実の「ことば」を意味しているのですが、この「ことば」は、人間の言語活動では表現しきれないこの世界や様々な事柄の深い意味、すなわち隠された深い意味こそ真実の意味であり、それを知ることができる教えこそが「密教」であると述べています。それに対して世界や現象の表面に現れている意味を真実と理解している教えのことを「顕教(けんぎょう)」と呼んでいます。  真言宗は、真言陀羅尼集(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅集(まんだらしゅう)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称されます。  空海は著作「秘密曼荼羅十住心論」「秘蔵宝鑰」で、空海が執筆していた当時に伝来していた仏教各派の教学に一定の評価を与えつつ、真言宗を最上位に置くことによって十段階の思想体系の中に組み込みました。最終的には顕教と比べて密教(真言密教)の優位性、または顕教の思想・経典も真言密教に摂包されることを説きました。