神棚封じ(かみだなふうじ)

神棚封じとは、家族の誰かが死亡した場合、死というものを忌み嫌う神棚には、白の紙を張って封印することです。

古くは家のものは穢れている為、神棚封じは第三者がするものとされてきましたが、最近では家のものが行うようになりました。この白の紙は、忌明け、つまり49日間まで貼っておき、忌明けとともに取り除きます。この間神棚は閉ざされていますので、普段のお祭りは中断します。半紙を注連縄などに留める際には、画鋲やピンなどは使用せず、テープなどを使うようにします。

仏壇の場合は、ところによっては葬儀、忌明けまで、仏壇を閉ざすところもありますが、仏教では神道のように、死者を汚れたものとみなすことはありませんが、仏壇を閉ざすところもあります。 浄土真宗や日蓮正宗では、仏壇の扉を閉めませんが、他の宗派では閉めている場合が多いようです。

また、中陰つまり49日の期間中は、位牌を中陰壇にまつられますので、そちらでの供養が中心となります。

昔から神道では死や出産などを汚れとして取り扱いました。 かつては死者のために喪屋をつくり、出産に際しては産屋を設けてそこに隔離されました。 江戸時代後期の国学者、平田篤胤(1843没)は、「家の中が汚れるときは、神棚もけがれるのは、やむを得ないことである。私の家では、父母のもであれば50日、祖父母の喪であれば30日の間神拝をやめます。忌明けには、身を清めて、そのあと礼拝します」と記しています。