禅宗(ぜんしゅう)

禅宗とは、座禅を主な修行方法としている仏教の宗派の1つです。

一般的には、宗派名ではなく、禅を説くことの宗派を総称して、禅宗と呼んでいます。  仏心宗、達磨宗とも呼ばれており、中国で誕生し栄えました。  日本には6世紀前半(鎌倉時代)に伝わったようです。  我が国の禅宗は、臨済宗(りんざいしゅう)、黄檗宗(おうばくしゅう)、曹洞宗(そうとうしゅう)の3つです。  これらを統合し、日本では禅宗と呼んでいます。  禅宗は座禅を中心にした修行が特徴です。  修行をすることで、人の本性が現れ、悟りが得られるとされています。  日本に伝わった禅は、「悟りとは、何かのきっかけで突然啓かれる」という考えが根底にあるようです。  この背景には、誰もが仏の心を持っているという思想があります。  禅とは心の別名です。  1つの思いに偏らない無念の心境を禅定(心身ともに動揺することがなくなった状態)と呼んでいます。  心には本来、清浄なほとけが宿っているされていますが、私たちの心には常に曇りが生じています。  禅により、曇りを払い、迷いを断ち切る。これが禅宗の考え方です。