箸渡し(はしわたし)

橋渡しとは、葬儀の収骨の際の作法です。

橋渡しとは、葬儀の収骨の際の作法です。実際の橋渡しは、その地域や宗旨宗派によって異なることがあるので、火葬場の職員に従うこととなります。故人の骨片を箸から箸へ渡す作法から橋渡しと言われます。男女で左が男性、女性が右を同時に拾い上げる場合や、ふたりで同時に骨片を箸でつかむなど、作法はいくつかあります。

また拾いきれなかった骨片については、そのエリアの共同墓地に埋葬されたりします。遺壺は、部分収骨がおこなわれる西日本では小さく、すべての骨を収骨する東日本では大きい。沖縄では、石製、陶器製の厨子甕と呼ばれる遺壺が使用されています。