納棺師(のうかんし)

納棺師(のうかんし)とは、故人の体を清め、死装束を着せ、きれいに化粧して故人を棺に納める専門職です。

納棺師(のうかんし)とは、故人の体を清め、死装束を着せ、きれいに化粧して故人を棺に納める専門職です。本木雅弘さんが納棺師を演じた映画『おくりびと』で、その美しい所作が注目され、納棺師という職業も世間に知られるようになりました。

納棺師の仕事は、失敗が許されない高度な技術が必要なうえ、去りゆく人を旅立たせご遺族の精神的な負担の軽減を図るなど、作法と精神性が求められる仕事です。