遺族(いぞく)

遺族(いぞく)

遺族とは、死亡した者の家族・親族。

物故者の両親、配偶者、子、兄弟姉妹を指します。 一般的には死亡時に死者によって生計を維持していた者とすることが多く、法的に婚姻関係になり事実婚の配偶者を含めることが多いです。

喪主は、葬儀の主催者のことをいいます。 葬儀後の物故者の供養の主催者とされる人が努めます。ほとんどの場合は、家長に相当する親族が喪主を勤めます。 物故者の配偶者か子が喪主を努めることが多く、または配偶者や子がいない若い独身者の場合は、親が喪主を努めることが多いです。

物故者の子が独立して生計を立てておらず、物故者の親が健全な場合は、親が喪主を努めることが多いですが、物故者の子が喪主を努めた上で別の成年親族を後見人とする場合もあります。

遺族の代表者として弔問客への応対を努めることが多く、実際の葬儀の運営や進行は葬儀委員長や葬儀会社が努めます。家制度が存在した前々の日本では戸主が喪主を努めました。