ブログ

社葬 多磨葬祭場思親殿(府中市多磨町)

2018.04.04

多磨葬祭場で社葬を執り行いました。

 

社葬とは。会社に特に大きな功績を残した方の追悼を
会社を挙げて行う葬儀のことです。
故人様のご遺徳を讃える為、ある程度整えなければいけない
『形』があるかと思うので。
ポイントをまとめてみました。

 

 

式場入口に立てる看板ですが、
後に会社の経費から支出する根拠にもなるので、
しっかりと社名の入ったものをお立てし、
写真も忘れずに残しておく必要があるかと思います。
また、最近は見ることも少なくなったんですが、
家紋入りの提灯も立てると、会葬の方をより立派にお迎えできるでしょう。
(※看板・提灯が使えない式場もあるので注意)

 

 

 

 

 

社葬 多磨葬祭場 思親殿 外観
思親殿は多磨葬祭場で一番大きな式場です。火葬場併設なので移動の手間がなく、会葬者が多い場合には隣の多磨霊園の駐車場を臨時に開放してくれるので大規模な葬儀にも対応できます。

 

この日は会葬者を限定するというお話だったのですが、
思わぬところから情報が漏れ、想定外の人数がお見えになって
混乱した・・・ということもある話です。
もしもに備えて、会葬礼状や記帳所などは余裕をもって準備します。

 

 

お寺様のお勤めもお一人ではなく二~三人以上で
執り行うことが多いのではないでしょうか。

 

 

また、式の中で式辞(葬儀委員長の挨拶)や弔辞もあるので、
式の進め方について、ご寺院と綿密に打合せをします。

 

 

社葬 式次第
この日は弔辞ではなく『お別れの言葉』として、参列者全員が故人様に短いお言葉をかけました。式の長さはお別れ・出棺も含めて、1時間半取りました。

 


社葬となると、飾る祭壇も大きく立派なものを、
選ばれることが多くなるんですが、
祭壇に飾る遺影のお写真も大きくしないといけません。
小さなお写真ではバランスが取れないですし、
大きな式場だと焼香の場所から祭壇の位置も遠くなります。

 

 

通常の四つ切というサイズから半切(新聞紙半分の大きさ)
あるいは全紙(新聞紙を広げた大きさ)くらいには
引き伸ばしたいところです。

 

 

社葬 祭壇 家紋 水引
特注で用意する家紋入りの水引幕や焼香台は、故人様の家の紋ではなく、企業の社章になることもあります。

 

最近では家族葬を希望される方が多くなってきたこともあり、
低価格を前面に打ち出した新規参入の業社も増えてきていますが、
家族葬しかできない葬儀社の家族葬と
社葬もできる葬儀社の家族葬
の違いは大きいと思います。


故人様の遺志に添うようにと、参列の人数は少なく
密葬に近い形で行われた今回の社葬ですが、
『まさに故人の希望通りの、立派で格式の高い社葬になりました』と
葬儀委員長様から感謝のお言葉を頂きました。

 

施主:国分寺市 S社 様


※今回の内容は、企業の許可を取って掲載しています。

 

多磨葬祭場
府中市多磨町2丁目1番地1
042-361-2174

※多磨葬祭場ホームページへ

 

東京 八王子・世田谷・日野 安心のご葬儀・家族葬をお約束する【都典礼】

都いちょう倶楽部

画像のダウンロードが始まるので
保存して印刷してください。