ブログ

八王子の市民葬について

2023.01.16

 

こんにちは、八王子市・日野市・世田谷区で安心のご葬儀・家族葬のお手伝いをする葬儀社、都典礼(みやこてんれい)です。

 

今日もご葬儀に関する疑問、悩みの解消に役立つ情報をお伝えします。

 

大切な家族が亡くなった時、どの様にしてご葬儀を行いますか?テレビや広告でよく見かける知名度の高い葬儀社や、地域に昔からある葬儀社に依頼することもあれば、互助会制度を利用してご葬儀を行うこともあるでしょう。
いくつかあるご葬儀の選択肢の中に「市民葬」という選択肢があることをご存知でしょうか?市民葬は自治体がその地域に暮らす市民のために、葬儀社と提携して行うご葬儀です。
この記事では、市民葬とはどの様なご葬儀なのか解説するとともに、八王子市の市民葬についてクローズアップしていきます。

 

市民葬とは

 

市民葬は文字通り、市民のためのご葬儀サービスです。戦後に東京都の葬祭業共同組合が、都と協力して制度を作り上げたのが始まりとされています。
ご葬儀は自治体と提携した葬儀社が行うことになりますが、一部では自治体がご葬儀を施行する地域もあります。あらかじめご葬儀の基本的な部分(祭壇や棺、骨壺など)の料金について、自治体と提携葬儀社が取り決めを行い、どの葬儀社でご葬儀を行っても均一料金で行うことができる仕組みになっています。ご葬儀プランは簡素なものとなりますが、比較的安くご葬儀をあげられるのが市民葬の大きな特徴といえます。
ご葬儀の流れは一般的なご葬儀とほぼ変わらず、遺体搬送、安置、ご葬儀打合せ、納棺、通夜、ご葬儀・告別式、出棺、火葬といった流れで進みます。会場は公営斎場や公民館などの公共施設となる場合が多いです。
市民葬はすべての自治体で取り入れられている制度ではなく、全国的にみると導入されていない自治体も数多くあるため、利用できるかどうかは各自治体に問い合わせる必要があります。

 

市民葬のメリット・デメリット

 

市民葬のメリットとデメリットについて説明していきます。

 

市民葬のメリット

・ご葬儀費用をおさえることができる

市民葬の最大のメリットといえるのが、ご葬儀費用をおさえてご葬儀を行えることです。一般的なご葬儀を行う場合、100万~200万円ほどの費用がかかると考える必要がありますが、市民葬で行う場合は、各自治体による違いはあるものの50万円以内でご葬儀を行うことが可能です。
経済的理由で高額なご葬儀費用の捻出が難しい、ご葬儀はできるだけ費用をおさえて簡素に行いたいと考える人にとっては、市民葬は理想的なご葬儀スタイルであるといっても良いでしょう。

 

・信頼できる葬儀社である場合が多い

市民葬を依頼する葬儀社は、自治体の定めた一定の基準を満たしていることになります。そのため、信頼のおける葬儀社である場合が多いといえるでしょう。インターネットの口コミなどで葬儀社を評価しようとしても、良い口コミもあれば悪い口コミもあり、判断に悩むことも多いと思います。自治体と提携した葬儀社であれば、安心感を持って依頼することができます。

 

市民葬のデメリット

・自由に葬儀社を選べない

市民葬を行えるのは自治体と提携している葬儀社に限られます。依頼したい葬儀社があったり、互助会制度を利用してご葬儀を行いたいと思っても、その葬儀社が自治体と提携していなければ市民葬を依頼することはできません。

 

・必要最低限のご葬儀となる

費用が安価になる分、ご葬儀の内容は必要最低限の質素なものになります。ご葬儀プランに含まれる祭壇や棺などはグレードの低いものになりますし、故人や遺族の希望するご葬儀内容とはかけ離れたものになる可能性もあります。

 

・追加料金が発生する場合がある

自治体によっては、市民葬の基本内容だけでは普通のご葬儀を行えない場合があります。具体的にいうと、遺体の搬送費やドライアイスの費用、会葬礼状や香典返しにかかる費用などは追加のオプションとして別料金となることが多くあります。
追加料金が多額になると、葬儀社が独自に提供しているご葬儀パックより高額になってしまうこともあるので、最終的なご葬儀費用を出してもらい比較検討してみるのが良いでしょう。

 

八王子市の市民葬について

 

ここからは東京都八王子市で市民葬を行いたいと考えている人に向けて、八王子市の市民葬の制度について解説していきます。なお、八王子市では「市民葬儀」という言葉で案内されています。

 

八王子市の市民葬儀を利用できる人

次のいずれかに該当する場合のみ、市民葬儀を利用することができます。
・死亡した人が八王子市民
・喪主(ご葬儀の執行者)が八王子市民

 

八王子市の市民葬儀の申し込み方法

市民葬儀の申し込みは「申請書入手」→「申請書記入」→「申請書提出」の手順で行うことができます。

 

【申請書入手】

「市民ご葬儀(葬祭用具等)利用申込書」を八王子市のホームページからダウンロードする他、以下の配布場所で用紙を受け取ることができます。
・市民ご葬儀協定業者
・市民部斎場事務所
・市役所本庁舎1階4番窓口 市民課戸籍担当
・市民部各事務所

 

【申請書記入】

「市民ご葬儀(葬祭用具等)利用申込書」に亡くなった人の氏名、市民ご葬儀を申し込む人の氏名・住所・電話番号、市民ご葬儀を行いたい日付を記入し押印します。
申請書には、ご葬儀を行うために必要なものがセットになった基本料金と、ご葬儀を行う人がオプションとして選択する付帯料金に分けて利用内容が明記されています。それぞれの内容は以下のようになっています。

1.基本料金(税込)
・祭壇(白木三段程度)、棺(桐八分)、位牌・・・121,000円
・骨壺(白七寸)・・・11,000円
・施行費・・・99,000円
・通夜進行・・・22,000円
・告別式進行・・・22,000円
基本料金の小計は、275,000円となります。

2.付帯料金(税込)
・記名帳、用紙類(100名分)・・・2,200円
・霊柩車(20kmまで)・・・24,200円
・ドライアイス(1日分)・・・11,000円
・写真引き伸ばし・・・25,300円
・布看板(斎場)・・・22,000円
・枕飾り(机、線香、蠟燭等)・・・11,000円
・礼状(100枚)・・・8,800円
・盛り菓子・・・8,800円
・火葬待合世話係・・・16,500円
付帯料金は必要な項目を選んで、〇をつけます。

基本料金と付帯料金の合計が、市民ご葬儀を行うのに必要な金額となります。こちらの料金設定は令和4年4月1日から令和5年3月31日までの料金となっていますので、それ以降は変更される場合があります。また、式場や寝台車、後飾りなどの料金は含まれていませんので注意が必要です。

 

【申請書提出】

申請書の提出は、八王子市と提携している葬儀社(市民ご葬儀協定業者)へ直接渡すこととなっています。

 

まとめ

 

市民葬は、自治体と葬儀社による協定でご葬儀費用の一部が安く設定されているご葬儀スタイルです。信頼のおける葬儀社に依頼できる点と、ご葬儀費用をおさえることが可能な点が魅力ですが、費用をおさえる分、内容は必要最低限の質素なものになります。
近年では、小規模なご葬儀を安価なパック料金で提供している葬儀社もありますので、ご葬儀内容と費用をしっかりと比較検討したうえで決定するのが良いでしょう。
八王子市では、基本料金に付帯料金を追加する形で市民ご葬儀を利用することができます。八王子市のホームページにサービスの内容から申し込み方法、提携葬儀社まで記載されていますので、気になる方、詳しく知りたい方はアクセスして確認しましょう。

 

【関連記事】八王子の葬儀事情 市民葬と、民営・公営斎場の違い

 

都典礼電話番号

 

 

 

 

 

 

都いちょう倶楽部

画像のダウンロードが始まるので
保存して印刷してください。