ブログ

ご葬儀でのアクセサリーのマナーについて

2022.07.30

ご葬儀に出席する際のアクセサリーの基本マナーはご存じでしょうか?

アクセサリーにもご葬儀ならではのマナーがあります。
この記事ではご葬儀でのアクセサリーのマナーについてご紹介します。

 

基本的なマナー

葬儀ではアクセサリーなどつけてもいいのか、つけるとしたらどんなものがいいのか悩まれる方も大勢いらっしゃるでしょう。

基本的には結婚指輪以外のアクセサリーは控えるのがマナーとされています。

元来日本ではご葬儀・通夜・告別式などのお悔やみの場では、着飾る必要はないとされてきました。
和装で葬儀に参列する場合は従来通りアクセサリーは着けない方がいいでしょう。

しかし現在のように洋装が主流の昨今は、もともと洋服はジュエリー(アクセサリー)を着けることによってフォーマルな装いが完成するという考えから、アクセサリーを着けた方がいいという考え方も出てきています。

とはいえ、ご葬儀のマナーというものは宗派や地域・また時代や年代によって変わっていくことも多いので、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

 

ご葬儀でのアクセサリーの注意点

それでは、ご葬儀でのアクセサリーに関する細かい注意点をご紹介します。

 

華美なデザインや光物は控える

ご葬儀の場にふさわしくないアクセサリーの例としてはダイヤモンド・ゴールドジュエリー・などが挙げられます。
またこれ以外にも、光沢のあるものや華やかに見えるものは葬儀の場では控えるのがマナーとされています。

ネックレスのチェーンや金具の部分もゴールドのようにキラキラと輝くものは避けた方がいいでしょう。

 

ネックレスは一連のみ

二連タイプのネックレスは「不幸が重なる」と言われており、マナー違反に当たります。

 

パールの大きさに注意

ご葬儀で着けるアクセサリーといえばパールを思い浮かべる方も多いと思いますが、パールにもご葬儀には適さないものがあります。
パールの粒のサイズが7mm~8mmを超えるものは華美な印象を与えるため好ましくありません。

 

結婚指輪でも種類に注意

結婚指輪ならばつけても問題ないとされていますが、結婚指輪が大きなダイヤモンドであしらわれているなどの場合は外していくのがいいでしょう。

葬儀はあくまでも故人を見送るためのものなので、一貫して装飾が華美なもの・光り輝くものは避けるのが好ましいです。

 

ピアス・イヤリングも派手なもの・光るものは避ける

こちらもネックレス同様、華美なものや光るものは着けていかない方がいいでしょう。
また一見シンプルに見えるようでも大粒のものやロングタイプのもの、またフープタイプのものなどは必要以上に華美にみられてしまうこともあるため、こちらもマナー違反となります。

では、どんなものならご葬儀の場にふさわしいのかをご紹介します。これから購入される方は参考にしてみてください。

 

 

ご葬儀で相応しいアクセサリー

それではご葬儀の場でも相応しいアクセサリーをご紹介します。

 

ネックレス

最も定番なのは、真珠のパールです。
パールは「月の涙」とも呼ばれており、葬儀や通夜・告別式などの悲しみの場で流す涙の象徴と考えられています。

パール以外でも葬儀におけるアクセサリーとしてふさわしいと言われているものをいくつかご紹介します。

 

・オニキス
オニキスはヨーロッパで広く使われているアクセサリーの1つで「自己防衛の石」とも呼ばれ、魔よけや邪気払いとしても有名です。オニキスの一種としてブラックオニキスもご葬儀で使われることもありますが、ものによっては加工から輝きを放つものがあるので、身に着ける際は一度確認をすることをおすすめします。

 

・黒曜石
黒曜石は火山岩の一種で、見た目は黒くガラスとよく似た性質を持っています。
その性質から、古くはナイフなどにも使われていました。
現在は数珠としてもよく使われています。

 

・ジェット
ジェットは古くからある装飾品の1つで、遥か昔に堆積した石灰層の中から見つかる木の化石です。樹木の化石という事でとても軽く柔らかい宝石です。
また英国のビクトリア女王がアルバート公を亡くした際に身に着けていたことから広まったとされ、現在では日本の皇室の方々も使用されています。
近年では、葬儀で身に着けるアクセサリーとしてパールに並び大変人気があります。

 

指輪

指輪は前述した通り、結婚指輪のみ着用が可能とされています。
ゴールドや輝く宝石などがあしらわれていない、シンプルなシルバータイプの指輪が好ましいでしょう。
また、白のや黒真珠などが装飾されていても問題ないとされていますが、この場合も粒の大きさや光沢などに気を付けましょう。

 

ピアス・イヤリング

こちらの定番も一粒真珠や一粒黒真珠などが挙げられます。
しかし、指輪やネックレス同様華やかな印象はマナー違反となりますので、あくまでもさりげなさを感じられる粒の大きさで、ストレートタイプのものを着用してください。

 

ここまでご葬儀におけるアクセサリーについてその着用マナーをご紹介いたしました。

これは着けても大丈夫なのか?どれを買ったらいいのだろう?と迷われている方も「お悔やみの場にふさわしいのか」という事を念頭に、場合によっては着けないという選択肢も持ちつつ、大人としてその場にあったアクセサリーを身に着けていきたいものですね。

 

都典礼電話番号

都いちょう倶楽部

画像のダウンロードが始まるので
保存して印刷してください。