ブログ

ご葬儀の準備|ラストメイクについて知っておくべきこと

2023.02.23

 

 

こんにちは、八王子市・日野市・世田谷区で安心のご葬儀・家族葬のお手伝いをする葬儀社、都典礼(みやこてんれい)です。
今日もご葬儀に関する疑問、悩みの解消に役立つ情報をお伝えします。

 

 

大切な人が亡くなったとき、故人を最後の旅立ちに送るご葬儀は、私たちにとって非常に大切な儀式の一つです。

ご葬儀の準備には、故人をきれいに整えることが欠かせません。その一環として、ラストメイクが行われます。

このメイクは、故人を美しく整え、穏やかな表情で最後の旅立ちをすることができるようにします。

本記事では、ご葬儀のラストメイクについてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

ラストメイクとは

 

ご葬儀というのは、故人を見送る最後の場であり、故人が美しく安らかに旅立つために、様々な手続きが行われます。

その中でもラストメイクは、遺族にとって非常に大切な行為のひとつです。

ご葬儀のラストメイクは、故人の顔に化粧を施すことです。

 

 

 

ラストメイクをする理由

 

故人は、肌がくすんでしまったり、顔色が変化したりするため、そのような変化を整え、美しく見せるためにラストメイクを行います。

 

化粧は、故人の肌の色合いを正確に再現し、棺に横たわる故人の表情が安らかで、まるで眠っているかのように見えるようになります。

また、ラストメイクは、故人の顔に傷跡や打撲がある場合にも役立ちます。

 

化粧品を使用して、そのような傷跡を隠し、遺族のショックを少しでも減らせるよう、故人が最後の姿を美しく見せ、遺族や友人たちが穏やかな気持ちで見送れるようにします。

 

 

 

ラストメイクを行う人

 

ラストメイクを行う業者は、ご葬儀社や専門業者が一般的です。

納棺師と呼ばれる故人のお身体をきれいに整え、棺に納める仕事を行う専門の方もいらっしゃいます。

 

最近では、2008年に公開された映画「おくりびと」によって、納棺師を知った方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

ラストメイクでの注意点

 

ラストメイクは、普通のメイクとは異なり、死体の特殊な状態を考慮したものになっています。

 

遺族の希望に合わせて、メイクの内容や強さを調整することが一般的で、一般的な化粧品に加えて、死化粧専用の特殊なメイクアップ用品や技術が使われます。

 

例えば、顔の腫れや傷を目立たなくするために、特殊な技術が使われることがあります。また、ご葬儀の雰囲気に合わせて、メイクの強さや色合いを調整することもあります。

 

ラストメイクにあたっては、遺族の希望や故人の個性を尊重することが重要です。そのため、希望や疑問点がある場合には、必ず伝えておくようにしましょう。

 

例えば、メイクが苦手だった故人に強いメイクを施すことは、違和感を感じさせる場合があるため、故人の希望を確認し、それに合わせたメイクを施すことが求められます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ご葬儀のラストメイクは、故人が美しく見えることだけでなく、遺族にとっても心の癒しをもたらすものです。

故人が美しく整えられ、穏やかな表情をしていると、遺族は故人が安らかに過ごしていると感じることができます。

また、遺族が故人に別れを告げる最後の瞬間に、故人の最高の姿を見ることができることは、非常に重要なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】エンゼルメイクとは

【関連記事】緩和ケアとは?受け方やターミナルケアとの違いについて解説

 

 

 

 

 

 

 

都典礼電話番号

 

都いちょう倶楽部

画像のダウンロードが始まるので
保存して印刷してください。